Web表示スピード研究会

【SEO】コアウェブバイタル・CoreWebVitalsは、なぜ検索ランキングに影響するのか?

Googleは、2021年6月より、ページエクスペリエンス・シグナルCoreWebVitals(コアウェブバイタルズ)
がGoogleの検索ランキングのシグナルになることを発表
しました。

新しいシグナルとは、CoreWebVitalsに加え、従来のモバイルフレンドリー、セーフブラウジング、HTTPSセキュリティ、インタースティシャル・ガイドラインなどのシグナルと組み合わせたものです。

SpeedCurveの新しい機能Vitalsダッシュボード

Vitalsダッシュボードについて紹介します。このダッシュボードで、Core WebVitalsの追跡をすぐに始めることができます。簡略化された最初のビューでは、Googleの推奨のしきい値と比較して、どこにその数値があるかを確認できます。ここから、トラブルシューティングに役立つ各指標を展開できます。

First Input Delay(FID)の重要性

Core WebVital指標の1つ、First Input Delay(FID)は、ページがユーザー入力に応答する速度にスポットライトを当ています。Cliff(@cliffcrocker)は、FIDが実際にどのように見えるか? ユーザーの行動とどう関係するか?を調査しました。

以下のグラフにあるように、FIDの時間が短縮されるほど、コンバージョンが向上するというはっきりとした相関関係が見られます。

ICYMI:WebVitalsのサポートの強化

SpeedCurveでは、ここ数ヶ月WebVitalsを監視しています。

下はハウツーとベストプラクティスです。

Chrome Dev Summit:Webパフォーマンス101について

2020年、Chrome デベロッパーサミットの一つとして「パフォーマンス入門」というワークショップが開催されました。パフォーマンスに精通している人にはこの解説をご存じです。WEBサイト表示スピード、パフォーマンス原理の概要を知りたい人には有益な情報です。

トピックス

役立つ参考記事

#webperfコミュニティによるコンテンツ:


※この記事はSpeedCurve社の英文情報を元に、内容を分かりやすく編集、翻訳した記事です。

Copyright © 2021 SpeedCurve Limited. All Rights Reserved.

PSI、コアウェブバイタル、表示スピードの課題については、下記よりお問合せください。