Web表示スピード研究会

【コアウェブバイタル対策】Googleアップデート対策に役立つ情報

1.【CLS対策】コミュレイティブ レイアウトシフト ・Cumulative Layout Shiftの「レイアウトのズレ」とは何か?

Cumulative Layout Shift (CLS) 指標の課題は、どの要素が、いつ、どれだけページが移動したかを理解することです。SpeedCurveには、CLSスコアのデバッグに役立つ視覚化機能があります。これは各レイアウトのシフトと、各シフトが最終的なCLSにどのように加算されるかを示します。
続きはこちら

2.【CLS対策】 Cumulative Layout Shift(レイアウトのずれ)を対策する方法

以前に、SpeedCurveがGoogleのCore Web Vitalsを、シンセティック(合成)モニタリングとLUXリアルユーザーモニタリングツールの両方をサポートしていることを紹介した。ウェブバイタルの 「Largest Contentful Paint (LCP) 」 と 「First Input Delay (FID) 」 の2つは、以前からSpeedCurveでのサポートが提供されていました。今回、Cumulative Layout Shift (CLS) が登場しましたが、多くの質問を受けたのもCLSでした。
続きはこちら

3.【FID対策】ファーストインプットディレイ・First Input Delayの入力の遅れとは?

FIDは、リアルユーザーモニタリング (RUM) でのみ計測ができます。ほかの2つのLCP(Largest Contentful Pain)と、CLS( Cumulative Layout Shift)はRUMとシンセティック(合成)テストの両方で測定できます。
続きはこちら

4.【SEO対策】コアウェブバイタル・CoreWebVitalsは、なぜ検索ランキングに影響するのか?

Googleは、2021年6月より、ページエクスペリエンス・シグナルCoreWebVitals(コアウェブバイタルズ)がGoogleの検索ランキングのシグナルになることを発表しました。
新しいシグナルとは、CoreWebVitalsに加え、従来のモバイルフレンドリー、セーフブラウジング、HTTPSセキュリティ、インタースティシャル・ガイドラインなどのシグナルと組み合わせたものです。
続きはこちら

5.【LCP・FID・CLS対策】コアウェブバイタル・CoreWebVitalsのモニタリングについて

GoogleのCoreWebVitals(コアウェブバイタルズ)、を正しく理解しようとするのは、いま多くのWeb担当者の最優先項目です。SpeedCurveを正しく使おうとするなら、パフォーマンスデータの視覚化は重要です。RUM(リアルユーザーモニタリング)とSynthetic(合成)データの両方を使い分け、最も大切な部分に対処するようにしましょう。
続きはこちら

6.コアウェブバイタル:CoreWebVitalsをSpeedCurve内で確認する方法

以前に、SpeedCurveがGoogleのCore Web Vitalsを、シンセティック(合成)モニタリングとLUXリアルユーザーモニタリングツールの両方をサポートしていることを紹介した。ウェブバイタルの 「Largest Contentful Paint (LCP) 」 と 「First Input Delay (FID) 」 の2つは、以前からSpeedCurveでのサポートが提供されていました。今回、Cumulative Layout Shift (CLS) が登場しましたが、多くの質問を受けたのもCLSでした。
続きはこちら

PSI、コアウェブバイタル、表示スピードの課題については、下記よりお問合せください。